茨木の山里

磨崖仏の由来 磨崖仏(まがいぶつ) 上音羽地区 巾約6mの自然石に30数体の仏が彫られる  能勢妙見街道沿いにある摩崖仏
 見山地区の又地蔵の杉
 ほっこり「見山の郷」でジェラードあっさりして美味しかった。
 ”まだま村”千提寺の竹林の中にひっそりと佇んでいる
 現代風竪穴住居 柱に200年前の民家20軒分の古材・
 屋根材に琵琶湖の葦 地面から1m掘り下げた土間の空間
 のんびりと過ごす事ができ、時にはホットできる場所ですね


 画像をクリックして遊んでください
まだま村 千提寺の竹林の中に佇んでいる 入口 地面から1m掘り下げた土間
庭の一角 縄文式竪穴住居を表現した建物 縄文ランチ・コーヒー付き 建物内は囲炉裏や舞台があり

お借りしました
サムネイルをクリックする
画像が大きく表示され、
両端に<>クリックして
お進みください。
閉じるときは、画像のXで
見山地区・又地蔵の杉 見山の郷・ほっこり 銭原の棚田 キリシタン資料館 ここは高山右近の里・千提寺村